【ビーグレン(b.glen)/ビバリーグレン】半期に一度の大セール↓↓

【ビーグレン(b.glen)/ビバリーグレン】口コミで話題の@コスメ!

 
【ビーグレンb.glen/ビバリーグレン】は、日本ではまだ使われたことがない国際特許の浸透テクノロジーを応用した、 化粧品の域を超えたスキンケア製品です。

ビーグレンb.glenは業界の常識を破る365日完全返金保証付きなので、初めてでも安心して使えます。
 

ビーグレン(b.glen)のトライアルセットには、ポーチなど余分なものはありません。
そのかわりに、1,890円の価格以上の「お肌の改善効果」がぎっしり詰め込まれています!


ビーグレン(b.glen)のおすすめセット

ビーグレン(b.glen)では日本人の肌の悩みに合わせ、7つのカテゴリーに分けておすすめセットを用意。あなたの肌の悩みに合わせて選んでください。

大人にきび 乾燥肌
しわ 毛穴
シミ たるみ・小顔
セルライト

ビーグレン(b.glen)のケラー博士によるスキンケアの3つのポイントを、肌の悩み別にアドバイスしています。





ビーグレン(b.glen)の一番人気商品は大人のニキビケア。
驚きの効果にリピーター続出の一週間ニキビ撃退プログラムです。

ビーグレン(b.glen)の新着コンテンツ

ビーグレンb.glen

「数ある化粧品の中で、なぜ、お客様はビーグレンb.glenを使った方がいいのか、ビーグレンb.glenでなければならないのか」
という理由です。

SKIIでも、資生堂でも、ドクターシーラボでもない、ましてやライスフォースでも、草花木果でも、アテニアでもない。

なぜ、今、ビーグレンb.glenなの?

b.glenが他の化粧品と大きく違うのは浸透力。実はこの差が非常に大きいんです!
    

化粧品の最大の疑問

illust209_thumb.gifなぜ、お肌に浸透させる技術が普及しなかったのか?

実はビーグレンb.glen以前に、お肌に浸透させる技術がなかったわけではありません。1980年代にクリスチャンディオールがカプチュールという製品で初めてリポソームという浸透技術を採用しました。

この方法によって化粧品は大きな転換期を迎えたかに見えたのですが、製造工程の複雑さ、製造コストの高さ、そして大量生産に向いていないという致命的な理由で、今日迄本格的に普及していません。

これ以外にも、ニオソーム、ノヴァソーム、トランスファーソームなどが各社から発表されましたが、同様の理由で普及に至っていません。

日本の大手化粧会社が、リポソームという名前のついた商品を販売していますが、これも電子顕微鏡で見てみると分かりますが、本来の浸透効果を発揮するにはほど遠い、低レベルのものなのです。


ビーグレンb.glenの画期的な技術

ビーグレンb.glenの創設者の一人、ブライアンケラー博士はカリフォルニア大学で遺伝子治療や抗がん剤に応用されるドラッグデリバリーシステム(薬剤を狙った箇所に届ける技術)を研究していた時に、その技術をスキンケアに応用することを思いつきました。

ケラー博士の医療分野で培ってきたテクノロジーは、従来のリポソームとは異なり、製造のプロセスがシンプルな点も大量生産が可能な点も、非常に化粧品に向いていました。

この技術は4年に一度の浸透学会で、常に注目の的となりますが、2008年に横浜で開催された同学会でも研究者から大きな賞賛を浴びました。
ブライアンケラー博士の浸透技術は国際特許を取得し、今後は、ビーグレンb.glen製品のみなららず、化粧品全体に飛躍的な進歩をもたらであろうと期待されています。


b.glenは違います

化粧品会社は化粧品の原料は作りません。原料は原料屋さんから買うのです。化粧品会社は、買ってきた原料を独自の処方で混合して、手触りや風合いのあるクリームやローションを作るのです。

原料がみな一緒となると、独自のテクノロジーでもない限り大半の化粧品は、その差別化はできず、できあがった化粧品は、会社の大少に関わらず、 非常に似通ったものになってしまいます。

差別化のできない化粧品を作った化粧品会社が、自分の商品を引き立たせるためにはどうしたかといえば、「悪者」を作る作戦をとって、その悪者を使っていないことを特徴としたのです。


既存の化粧品の販売戦略


illust309_thumb.gif悪者とはご存知の、パラベン、添加物、鉱物油、界面活性剤、アルコールなどです。

これらが配合されていることがいかにも危険で、ややもすると発がん性物質であるかのように宣伝したのです。

日本には薬事法という法律があり、お肌に本当に危険な成分は使用が禁止されており、使用できる成分でも、使用範囲が非常に細かく制限されているのをご存知ですか?

もしも、パラベンが本当に発がん性があって、それが社会的な問題になったら、薬害エイズ以上の大問題になっているはずです。なぜならパラベ ンは食品にも使われ、化粧品には何十年もの間使われてきたからです。大臣の首が飛ぶどころではすみません。



未だに、パラベンで首になった大臣がいないという事は、パラベンが安全である事の証明と言えるのではないでしょうか?

添加物、鉱物油、界面活性剤、アルコールに関しては、ひとつひとつの安全性の解説は別の機会にさせていただくとして、こんなデマをまことしやかに売り文句にしている化粧品会社の製品が、実はその原料にはパラベンが使われていた、など良くある事です。


ビーグレンb.glenは違います


しかし、ビーグレンb.glenは違います。

ビーグレンb.glenは現在発売されている化粧品の中でも、数少ない本格的な浸透技術を施した化粧品です。

進化し続ける化粧品原料の本来の効果を引き出し、それを求める女性に満足と喜びを与えることができるのがビーグレンb.glenなのです。

アナタもビーグレンb.glenを試してみませんか?

浸透技術

★ビーグレンb.glen化粧品に、医療にも使われるレベルの浸透技術が使われるとどうなるのでしょう?

ビーグレンb.glen以外の化粧品で、効果をもたらす前に排水口へと消えていっていた、コラーゲンもヒアルロン酸も、浸透技術を用いる事で お肌の奥のそれらを必要とする箇所に、確実に届くようになり、お肌は期待していた嬉しい変化を起こすのです。

例えば、

illust1006_thumb.gifビタミンCがお肌に浸透するようになれば、皮脂の分泌を抑え、ニキビができにくくすると同時に、凸凹を内側から修復をはじめ、ビタミンCやハイドロキノンが浸透するようになれば、お肌の奥のメラニンに直接働きかけて、シミは薄くなり肌は透明感を取りもどし、コラーゲンやヒアルロン酸が浸透するようになれば、お肌の中の保水力がアップすることで、潤いのある瑞々しい肌へと変化し、ペプチドやプロテインが浸透するようになれば、年齢とともに失われつつある、お肌のハリや、弾力性を取り戻すことができるのです。

ビーグレンb.glenの浸透技術によって、こんな苦痛から解放されます

新しいコスメを探す手間から解放されるイメージだけの高額の化粧品を買わなくてもすむ確実に浸透すれば必要以上の量を使わないですむ必要以上の量を使わないですめば、お肌への負担も軽減する。

ビーグレンb.glenによってこんな経験も!


同年代の人からうらやましがられる

 自分よりも若い世代の人からも尊敬される

 恋人からも見直される

 オシャレが楽しくなる

 新しいオシャレを冒険したくなる

 実年齢をいうと、驚かれる

 ひとから若く見られる

 見られるのが快感になる

 オシャレな人だと思われるようになる

最先端コスメ!

なぜ、今、ビーグレンb.glenでなければならないのか?


女性が化粧品に効果、結果を求める現在、化粧品が浸透することは必要不可欠です。

ビーグレンb.glenは現在発売されている化粧品の中でも、数少ない本格的な浸透技術を施した化粧品です。

進化し続ける化粧品原料の本来の効果を引き出し、それを求める女性に満足と喜びを与えることができるのが.....

ビーグレンb.glenなのです。

これからも、化粧品の原料は進歩を続け、毎年新しい、以前よりも効果的なものが発売される事でしょう。

ビーグレンb.glenがこの浸透テクノロジーを使い続ける限り、常に効果的な最新の化粧品原料とのコラボレーションによって、効果はNo.1の最先端コスメを世の中に出し続けることができるのです。

ビーグレンb.glen、おススメですよ!

<<ビーグレン(b.glen)に関するトピックス>>

b.glen(ビーグレン) " スキンケア " ビューティー・コスメ ...
無料でブログ(blog)サービスJUGEMのユーザーテーマ。 ... 作者のブログへ:「bglen」さんのブログ. その他のテーマ:「bglen」さんが作成したテーマ一覧(1件) このテーマで記事を投稿する" この部分にテーマに ...
ビーグレン(b.glen)で小顔・顔やせ ビバリーグレン(bglen)の ...
ウェブリ/ブログログイン. トップ プロフ フレンド サークル ... セレブにも愛用されるビバリーグレン(bglen)のフェイスマッサージクリーム【小顔クリーム】で、 ... ビバリーグレン(bglen)のバイオ基礎化粧品のトップへ 《PR》 ...
暮らしのなかにレシピがある、レシピのなかに暮らしがある - レシピブログ
ブログではグルメカテゴリも設けてます. よくある質問 ... ビーグレン アンチエイジングセット!アンチエイジング効果bglenビーグレン (2009/03/26) ... レシピブログにご参加の方でなくても登録いただけます! ...